受刑者、元受刑者の社会復帰を支援します

固定ページ

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  2. S.S

    なんと言っていいか私の心をうまく表現出来ませんが、何か熱いものが感じられます。最初に便りを出さしていただくのですが。唐突な書き出しで失礼します。とりあえず4月1日に参加させて頂きたいと思っています。いかがでしょうか。

  3. T.M

    すみません。とりあえず賛助会員にさせていただきます。川口市祖父母殺害事件の元少年から手紙がもしかしたら五十嵐さん宛にいつか届くかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。そして他の方たちにも救いがあることを心から祈っております。尊いご奉仕をありがとうございます。

  4. とも

    こんにちは。
    刑務所が地獄だと思うなら、再犯はなくなるのかなと思いました。小生は、クリスチャンではありませんが、ただ、祈りたいと思います。

    • 特定非営利活動法人マザーハウス事務局

      ご連絡を頂きましてありがとうございます。
      多くの方が刑務所の現状を知ることが大切であると思います。
      犯罪を犯した者も同じ人間であるという事。
      刑務所が真の矯正施設になることだと思います。
      受刑者の声を聴きながら必要なことを伝える。
      本気で向き合う人が必要だと思います。

  5. 匿名

    芹沢さんがインタビューされたNHK番組を観て、ラブレタープロジェクトに参加させていただいてます。おひとり目の文通のお相手との月一回のお手紙のやり取りが、4通目になりました。少しづつ少しづつ、心を開いていただけてるように思います。今回のお話、とてもためになりました。これからも「心配になる遠い友達」として、ちょっとした支えになれたらなあ、と思います。

  6. 匿名

     お世話様です。
     Youtubeで「文通」検索、ここへ来ました。
     思わず即申し込もうと思いましたが、踏み留まって、本当に私がすることか少し考えます。
     遠い昔文通を楽しんだことがあり、もう一度楽しい時間をと考えました。
     でも、この団体とは趣旨が違うようですし、会員としての目的と責任をしっかり持って実行できるかをよく考えたいと思います。

     1点だけ、手紙のやり取りで消印のことが分かりませんでした。
     以下の文が掲載されていますが、結局のところ文通をすると、当方が投函した消印がお相手様に分かってしまうのでしょうか。
     文意が分かりませんでした。
    「文通ボランティアさんは、差出人の住所にマザーハウスの住所を書いて、直接相手に郵送します。なので、投函した場所の消印がつくため、そのことを気にされてやめられた方もいます。もし、そうしたことを気にされる場合には、その点をまず検討事項にしてください。」

    • mh-admin

      コメントありがとうございます。ご指摘のとおり、住所はマザーハウスの住所を用いるのですが、投函した場所の消印は相手に分かるようになります。その他ご不明な点がございましたら、info@motherhouse-jp.org 宛までお知らせください。

Facebook

PAGETOP
Copyright © NPO法人マザーハウス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.