8月2日、仙台市でのシンポジウム

NPO「ワールドオープンハート」(WOH)の理事長、
阿部恭子さんとの対談は2回目である。
彼女から多くのことを学び、そして勇気をいただいている。
また、彼女の行動には真の愛の実践がある。
多くのクリスチャンが知って欲しいと思う。
特に司教団の皆様
死刑に関する文書だけではなく行動していただけないでしょうか。
キリストは実践です。
行いのない信仰は死んでいると聖書にあります。
こういうことを書くと批判されるが私は感じたことを書かせてもらいます。
何故ならキリストは生きて働いているからです。
特に闇の中にいる人々の為に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする