9月30日マザーハウスイベントのお知らせ

マザーハウス イベントのご案内
(入場無料です。 お気軽にお越しください)
【席上支援金の機会がございます】

日時:9月30日 ( 土 ) 13時30分~17時30分 ( 13時00分開場)
場所 : 聖イグナチオ教会内 ・ ヨセフホール
ドキュメンタリー映画 「赦し」

PDFファイルはここをクリックしてください。

英 隆一朗 (聖イグナチオ教会 助任司祭)
1985 年イエズス会入会。2014 年に聖イグナチオ教会助任司祭となる。
柳川 朋毅 (イエズス会社会司牧センター スタッフ) 英 隆一朗 五十嵐 弘志
イエズス会 社会司牧センタースタッフ。
上智大学・大学院で神学を勉強後、中高講師等を経て現職。
日本カトリック正義と平和協議会「死刑廃止を求める部会」事務担当。
五十嵐 弘志 (NPO 法人マザーハウス 理事長)
刑務所や少年院等の矯正施設に入所している人々の更生・社会復帰支援活動を行う。
☆映画紹介☆
残虐な殺人犯罪の犠牲者たち――愛する妻と母親と一人息子を殺されて悶え苦しむ父親、ひとりの殺人者のた
めに 3 人の兄弟を次々と失いひとり残された弟は、消えることのない憎悪を糧に一日一日を生き延びる。そうして
残された者は、自らが生きるため、殺人犯を赦す道を選択する以外になかった…。生きるとは、愛とは、そし て赦
すとは、一体なにを意味するのか?そしてそれは本当に可能なのか。私たち現代社会に生きる者すべてに対 して、
究極の問いかけを突きつける感動のドキュメンタリー問題作。(DVD カバー裏の文章より)
当日は、「赦し」を視聴し、神の慈しみについて考えます。

作田賞を受賞しました!

8月26日、当マザーハウス理事長、五十嵐弘志が
作田賞を受賞しました。

作田賞とは・・・
約30年間にわたり精神科医として、また犯罪学者として、活動してきた作田明氏が私財を投じて創設しました。
犯罪・非行の防止と犯罪者・非行少年の更生・矯正に尽力している個人、もしくは団体の中から、著しい貢献が認められた者に対して表彰し、その活動を称え、今後の活動の励みとするための賞です。

8月2日、仙台市でのシンポジウム

NPO「ワールドオープンハート」(WOH)の理事長、
阿部恭子さんとの対談は2回目である。
彼女から多くのことを学び、そして勇気をいただいている。
また、彼女の行動には真の愛の実践がある。
多くのクリスチャンが知って欲しいと思う。
特に司教団の皆様
死刑に関する文書だけではなく行動していただけないでしょうか。
キリストは実践です。
行いのない信仰は死んでいると聖書にあります。
こういうことを書くと批判されるが私は感じたことを書かせてもらいます。
何故ならキリストは生きて働いているからです。
特に闇の中にいる人々の為に。

https://mainichi.jp/articles/20170804/ddl/k04/040/131000c

マリアコーヒー送料変更のお知らせ

いつもマリアコーヒーをご愛飲していただきありがとうございます。
さて、昨今の運送料値上げに伴い、皆様にはご迷惑をおかけしますが、マリアコーヒーの送料も値上げをしなければならなくなりました。
新たな送料については、こちらのお知らせをご覧ください。

マリアコーヒーパンフ2017.7.3
*送料につきまして、
関東・信越・東海・北陸は630円、東北・関西は680円、中国は750円、
四国は820円、九州・北海道は900円、沖縄は1300円をお買い上げ
金額にプラス。
ただし、200gを10袋以上は(カフェドリップ込み可能)、送料は無料です。
(カフェドリップ単独は200袋以上、送料は無料です。)
*尚、商品は14日間以内にお届けとなりますのでよろしくお願い致します。