マザーハウスラブレタープロジェクト(MLP)のご案内

マザーハウス・ラブレター・プロジェクト
(MLP)のご案内

 

マザーハウス・ラブレター・プロジェクト(MLP)は、「特定非営利活動法人・マザーハウス」が行っている刑務所や、拘置所などに収容されている人(被拘禁者)と、社会にいる人々を文通で結び、心と心の触れ合いをしながら、受刑者の更生改善等のサポートをするプロジェクトです。

 

多くの被拘禁者が逮捕後、友人はもとより、家族や親戚と音信不通になり、絶縁状態や、孤立無援の方が少なくありません。

 

私たちは、被拘禁者を犯罪人として社会から疎外するのではなく、被拘禁者が、より多くの外部の人々とのコミュニケーションを図ることにより、健全な精神を取り戻すことを目的に、心と心の交流を深め、絆を築き、二度と犯罪を繰り返さないよう手助けをしたいと考えております。

 

被拘禁者を「犯罪人」や[悪い人]というイメージとして捉えるのではなく、文通を通しながら、ボランティアの方と被拘禁者がひとりの人間として、一対一のお付き合いができればと考えております。

更に、文通に参加したボランティアの皆様には、刑務所や拘置所内での様子、そして、被拘禁者の人権問題、死刑等について、普段中々直面することのない問題を、少しでもご理解して頂けたら幸いです。

私は真剣に、皆様に訴えます。あなたの愛が、受刑者の更生改善に役立ち、必要なのです。「あなたの生きた愛が、人を変えるのです。」なぜなら、そこに大きな愛があり、彼らが愛と出逢うからです。皆様一人一人の愛が必要なのです。愛はお母さんの子宮なのです。安全な場所です。

ぜひ、多くの方々がこの「マザーハウス・ラブレター・プロジェクト(MLP)」の活動にご理解頂きまして、ご参加して頂けますようお願い申し上げます。

 

手紙につきましては様々な不安があると思います。良く聞かれることが何を書いてよいかわからないという内容です。

 

自分の日常の事、季節の事など絵葉書や写真(風景)を送るなど簡単な内容でよいのです。ラブレターなので心のこもったメッセージでよいのです。

 

解らないこと、手紙の相談はメールか手紙で気軽にお問い合わせください。

連絡先は、下記の通りです。

 

 〠130-0024

 東京都墨田区菊川1-16-17-102

     特定非営利活動法人マザーハウス 理事長 五十嵐弘志

     TEL:03-6659-5260 FAX:03-6659-5270

携帯:080-3729-0067

Eメール loveletter_project@motherhouse-jp.org

プロジェクトの詳細は赤いボタンをクリックしてください

文通同意書は青いボタンをクリックしてください

文通同意書は緑のボタンをクリックしてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする